「ん~、知らない人は今まで損してたってこと?」 はい、今まで普通に利用していた人は損してます。   …

種村直樹氏、世界を駆ける

1名無しの車窓から2010-09-13 05:52:15

1936年生まれ。宮脇俊三氏が東の横綱ならば、西の横綱、と

いった格の実力者です。

2名無しの車窓から2010-09-13 05:58:58

韓国のときは、車両の色に関する記述が全くなくて残念だった。

4名無しの車窓から2010-09-14 00:03:01

>>2 「寝台車は青で」と書いてあったような。ウラはとってないけど。

まだ特急が全部トンイル号に改称されちゃう前の体験記だから相当古い。

5名無しの車窓から2010-09-14 00:10:31

「気まぐれ列車で〜」読んだが

奥さんとフルムーンでカナダ旅行の時に

同じツアー客と口喧嘩していたね。

9名無しの車窓から2010-09-16 21:01:24

もう仕事ないだろうw

世界の鉄道を駆けるのは櫻井寛で充分!

10age厨 ◆ocjYsEdUKc 2010-09-16 21:38:19

>>9

あの人も孫がいるじっちゃんだからねえ。

5年10年の先を見ると、

そろそろ次代の、若手の海外鉄道カメラマンが出て欲しい。

この業界も後継者不足なんじゃないだろうか。

11名無しの車窓から2010-09-17 01:24:44

>>9

櫻井寛と種村直樹じゃ文章の面白さが全然違う(もちろん種村氏が上ね)

櫻井寛氏は写真家で、文章は得意じゃないはず。

鉄道の文筆では宮脇・種村両氏を超える人材は今も見当たらない。

15名無しの車窓から2010-09-19 22:45:34

>>10

鉄道紀行・写真なんてパイが小さい世界なので、競合が出るとたちまち自分の食い扶持がなくなる。

そうなって種村直樹はほぼ滅亡w

12age厨 ◆ocjYsEdUKc 2010-09-17 02:18:25

>>11

櫻井寛の文章は、ちょっと地に足が付いてない感じ。

写真は素晴らしいんだが。

19名無しの車窓から2010-09-23 10:46:54

>>12

日経の連載でも、櫻井寛氏の文章は一人で興奮してる感じだしね。

全盛時の種村氏の文章は極めて冷静だが、新鮮な驚きや感想などを的確に表現していた。

さすがに元新聞記者だけに、文章はうまい。

17age厨 ◆ocjYsEdUKc 2010-09-19 23:43:14

>>15

年喰い過ぎて、昔語りに走る写真家になるのも困る。

現状の鉄道を世界各地でバリバリ撮る事が出来る、

若手の鉄道写真家が現れて欲しい。

18名無しの車窓から2010-09-20 19:16:31

>>17

名のある写真家は権威主義になってるからなあ。

また海外鉄道を追いかけるとなると、現地まで行く経費も莫大だし。

20名無しの車窓から2010-09-24 00:52:43

>>19

桜井氏の文章力は南氏よりはやや落ちるレベル?

写真は同等レベルみたい

25名無しの車窓から2010-10-01 21:57:24

>>19

確かに

櫻井氏は取り上げる題材も華やかな列車が多いし、文章も何か舞い上がっているように感じる

一般向けならそれでも良いのだろうけど、鉄ヲタとしては物足りない

種村氏はそれなりに面白いけど海外モノが少ないし、もちろん写真も殆どない

俺としては野田隆氏かジャーナルで連載している秋山満氏かなあ

26名無しの車窓から2010-10-01 22:12:38

>>19

>元新聞記者だけに、文章はうまい

うまくはない。ブンャの文章は訓練すれば誰でも書けるもの。

宮脇節のような「文学」では、決してない→レポート。

種はいつまでたってもブンヤの文章で、自分の文体を確率できなかった。

種の長編は、山も谷もない平板な文章で、飽きる。

21名無しの車窓から2010-09-29 03:36:53

あと、凄く好きな写真撮る人がいるんだけど、名前が思い出せない。

あの、18きっぷの写真の・・・・真島氏?

23名無しの車窓から2010-09-30 07:38:02

>>21

芦原伸氏の事?

昨年週刊朝日にシルクロード鉄道乗り継ぎを連載してたな。

29名無しの車窓から2010-10-02 11:16:05

取り巻き(言葉はわるいが)って海外にもついていくんですか?

30名無しの車窓から2010-10-02 16:37:03

>>29

ポルトから酒々井のユーラシア大陸飲み継ぎ紀行でも、全行程同行した取り巻きがいる。

31名無しの車窓から2010-10-02 21:49:49

>>30

シベリア鉄道でのライオンとか言う鳥巻貝た

81名無しの車窓から2016-12-07 16:10:32

>>30>ユーラシア大陸飲み継ぎ紀行

先日読んだが、約1ヶ月の長旅での朝昼晩の飲み続けっぷりに驚愕!しかも59歳で!

機内や車中、ホテルの部屋、食事時、乗り物出発待ち中、観光中、カフェやバー、売店etc

案の定数回ほど吐いてるし。(まあホテルのトイレとか線路とかの

まわりに人がいないところなのが幸いだが、書いてないだけかもしれないが)

34名無しの車窓から2010-10-09 00:03:23

無職の時代が長かった私は、どう努力しても取り巻きになれない・・・・・

35名無しの車窓から2010-10-09 18:03:42

>>34

関係ないよ。取り巻きにエセやくざや、いじめに遭って不登校になった奴もいるから。

36名無しの車窓から2010-10-10 00:33:13

>>35

一番の勝ち組はフリーター上がりの栗原景氏

39age厨 ◆ocjYsEdUKc 2010-10-10 15:34:58

>>36-37

時々、韓国の鉄道事情で名前を見かけるね。

ヘラン号の乗車記を鉄道ファンで読んだ気がする。

40名無しの車窓から2010-10-10 19:48:24

>>36

でも鉄道中心のフリーライターだろう。

ならば収入が不安定でフリーターと大して変わらんから、とても勝ち組とは思えない。

本当の勝ち組は三菱地所役員と弁護士の古参取り巻きだろう。

37名無しの車窓から2010-10-10 03:00:09

確か2浪したのちに日大に進学したという方ですね。

記憶違いかも知れないが、アメリカ横断ウルトラクイズ優勝者も側近に居たのでは。

38名無しの車窓から2010-10-10 12:31:42

>>37

の事だろう。

41名無しの車窓から2010-10-10 22:30:20

>>40

外周の旅は公務員も多かったな

42名無しの車窓から2010-10-11 05:47:58

よく比較対象される宮脇氏が『孤高の人』のイメージがあって、一人旅が似合うのとは対照的。

43名無しの車窓から2010-10-12 00:58:42

>>40-41

本当の勝ち組は公務員だよ、遠くへ飛ばされないし安定している

48名無しの車窓から2011-01-12 03:40:40

おやおや。今年になって書き込みが一件もないではないか。

これは由々しき事態であり、ぞっとしない。

ヤング諸兄の投稿を祈るや切。

49age厨 ◆ocjYsEdUKc 2011-01-12 19:29:17

>>48

まずおまいさんが乗ってくれい。

54名無しの車窓から2011-12-22 01:51:10

ヤングって昔の言葉だな。しかし金正日(キム・ジョンイル)によく似ているね。

56名無しの車窓から2012-08-28 19:41:27

復帰できても海外は行かない。旅行貯金できないんだから。

65名無しの車窓から2014-11-09 16:38:58

お亡くなりになりました。ご冥福をお祈ります。

68名無しの車窓から2015-09-04 01:24:51

>>65に>>5の経緯が書いてある

71名無しの車窓から2016-07-17 17:20:09

35 :名無しさん@お腹いっぱい。2016/06/04(土) 20:16:00.08 ID:cuXWvD3C0

==============================================================

「ビルの入り口に、一目でエイズと分かる、はれものだらけの女性が、

ぼんやりすわっており、ぎょっとする。このような人を見たのも、

アメリカに来て初めてだ。」

(種村直樹:アメリカ大陸乗り歩き:1995年:145頁)

==============================================================

一目でわかるもんなのか?

73名無しの車窓から2016-10-20 12:10:45

>>65

多分>>71の本が一番可能性が高いと思う

>>68(>>5)のシリーズのいずれかの可能性も少しあるが、

アメリカ紀行本とは言えないので(ページのごく一部)..

所持したいじゃなく読むだけでよかったら

政令市とか県立とかの大きな図書館ならあると思う

80名無しの車窓から2016-11-08 19:02:24

亡くなられて2年経ちました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする